三月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘が』

手塩にかけた娘って表現は正しいのか?

TOP PAGE >三月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘が』

□三月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘が』

三月にチンジャオガールの同人誌『手塩にかけた娘が』Bookliveコミックで購入可能。



手塩にかけるとは室町時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)の食膳に添えられた塩のこと。

汚れたものを祓うためにあったものだが、料理の塩加減を調整するためにも用いられた。
派生して自ら面倒を見ることを手塩にかけると言う。



サキュバスよんだらを読むならブックライブコミックがいいでしょう。
先行で読めるから。ブッコミでは初月の利用料が無料。

同人誌とは明治時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)の頃、等しい志や趣味を持っていた人達同士が集い、同人誌雑誌を製作していた。
同人はエロというのはミスである。なぜ同人=エロなのかというと同人の世界ではエロが一番人気のあるジャンルだからです。

毎月1冊は同人誌を出して500部前後販売出来たら食うには困らないレベルのようです。



サキュバスとはsexを通じて男性を誘惑するために女の形で夢に現れる民間伝承における空想の存在。女夢魔と翻りゆうされる。エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。

エンガワの絵の特徴はムチムチしてボインな女の子。

サキュバス喚んだらに出てくる母親も巨乳。
チンジャオ娘とコラボした作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。



チンジャオガールとエンガワ卓の最新エロ漫画サキュバス喚んだら母が来た!?が2020年春に発売決定!マスターベーションを72時間禁止するととある呪文を唱えればサキュバスが出てくる。
そのことを知った男子学徒のタカシはがんばってオナニーを我慢。


そして召喚したのはなんと自分の母親だった。


小桜クマネコ。ぽっちゃり女子のイラストを描いている。


小食を装ったOLを愛している。
チンジャオガールとの共作ガリガリ娘を拾ったらに出てきた女の子は当初ガリガリだったのだが、食べまくってぽっちゃりになり、ただの太った女の子になっていた。
いじめっこ女子と無人島に漂流したらではむっちりの女子高生だった。サキュバス呼んだら母が来たに出てくるキャラクターを紹介。森田タカシ。

男子学徒で性交渉はまだない。母親の裸を見て勃起すらしない。


森田惠利、タカシの母。
女子力もない母親。エリリン、森田タカシが呼んだサキュバス。それはタカシの母親だった。行き遅れBBAの企画をしているチンジャオ娘は最初の同人「しょうた(40)とお姉ちゃんの夏休み」を配信して注目を浴びた。コラボしているイラストレーターはPINK☆DRAGON。

チンジャオ娘の作品がこんなにも注目されるかというとエッチに興味なさそうな女の子があることをきっかけにエッチに目覚め、快楽に溺れていく様が人気のようです。「神の乳母〜異形に奪われた妻〜」みたいなエログロな作品もたまにあります。


Copyright (C) 2014 手塩にかけた娘って表現は正しいのか? All Rights Reserved.
top